原鶴温泉の旅行プラン

原鶴温泉についての情報が満載です!

このサイトでは、原鶴温泉のおすすめ旅行プランや宿探しのコツ、当エリアで宿泊するなら何泊が良いのか、おすすめの露天風呂や美肌の湯および評判の温泉など、これから温泉旅行を計画している人に最適な情報をご紹介しています。
温泉でリフレッシュしたい、こんなときには行こうとしている温泉地の情報を事前に集めることが大切です。
こちらのサイトでは知りたいことを把握できる内容になっていますので旅行計画の中で使って頂けると良いでしょう。

原鶴温泉のおすすめ旅行プラン

原鶴温泉のおすすめ旅行プラン 福岡県朝倉市にある原鶴温泉、当温泉は単純温泉や硫黄泉などの種類があり美人の湯とも呼ばれている場所です。
源泉温度は40度から60と高めなので体の芯まで天然温泉で温めてくれます。
原鶴温泉は、筑後川とその放水路にかまれた中洲に温泉街が広がる場所で日帰り入浴を可能にしている施設も多数あります。
当温泉街は湯めぐりのための湯めぐり帳と呼ばれるものを発行しており、自分が入浴した場所を記録できるなど旅行の思い出の一つにもなるのではないでしょうか。
なお、旅行プランを計画するときには交通の利便性も考慮しておくことが大切、おすすめのアクセス方法はJR久大本線の筑後吉井駅下車、当駅からタクシーを利用して約10分のアクセスです。

福岡県内で魅力あふれる温泉地といえば原鶴温泉

福岡県内で魅力あふれる温泉地といえば原鶴温泉 福岡県の朝倉市にある原鶴温泉は、県内有数の温泉地の1つです。
遅くとも135年以上前には発見されたと言われ、歴史のある観光地として知られます。
ちなみに名前の由来については、傷を負った鶴が水たまりのような場所で羽を休めているのを見つけ、実はそこに温泉が湧き出ていたというのが一説にあります。
この温泉の特徴は何といっても、弱アルカリ性単純泉と単純硫黄泉の2つがバランスよく混ざった、その泉質にあります。
これには古い角質を落とす性質や、美白効果が期待されるため、原鶴温泉は「W美肌の湯」という別名でも親しまれています。
所在地は大分との県境に接しており、目の前には雄大な筑後川が流れています。
ここで有名なイベントといえば、やはり「筑後川の鵜飼」でしょう。
毎年5月から10月にかけて実施されており、屋形船から臨場感あふれる鵜飼の姿を鑑賞することが可能です。
原鶴温泉の周辺は、春夏にはひまわりやコスモスあるいは菜の花といった草花が咲き、新鮮な野菜や旬の果物が豊富に収穫される地域です。
そのため観光農園では、葡萄や柿などのフルーツ狩りを楽しむことができます。
また川沿いには18ホールを完備したパークゴルフ場もあるので、スポーツ好きの方にも最適です。

美肌になることができる原鶴温泉と様々な魅力

福岡県朝倉市に存在する原鶴温泉は筑後川のほとりの温泉郷で、二つの泉質を合わせ持つダブル美肌の湯として親しまれています。泉質に関しては、PH8前後からの弱アルカリ性単純温泉とPH8.5以上のアルカリ性単純温泉、単純硫黄泉となりますが、アルカリ性の温泉は古い角質を落とす効果があります。
硫黄成分は角質層のメラニンを落とすとされていますが、紫外線を浴びるとメラノサイトで黒色メラニンが作り出されるため黒色メラニンはシミの原因とされており、原鶴温泉に入浴すると美白効果を期待することができるといえるでしょう。また、硫黄成分は日光に当たると皮膚に薄い膜をつくり紫外線から肌を守る働きもあり、原鶴温泉は女性にとって魅力ある温泉となりますが、美肌効果以外に健康に関しても効果もあり、慢性消化器病や冷え症、慢性皮膚病や慢性婦人病によいとされています。
睡眠障害等のストレスによる症状や高血圧症や動脈硬化症等の生活習慣病にも効果がありますが、硫黄泉は糖尿病や痛風によいとされているため、保健所から飲泉許可を取得している場合は飲用するのもよいでしょう。病後回復期にもよいとされているため、退院した後に入浴すると健康度が増します。

原鶴温泉は美肌効果があり女性に人気になっております

原鶴温泉は九州の福岡県にあり、筑後川とその放水路に囲まれた中州に温泉街が広がっております。
宿泊施設もあるので全国から観光客が訪れることで知られておりますが、日帰りでの入浴も楽しめるために地元の人間も数多く利用している温泉街になります。
原鶴温泉はW美肌の湯として有名であり、女性に大変人気を呼んでいるのです。その秘密は3つの温泉の泉質にあります。 ph8弱の弱アルカリ性単純温泉とph8.5以上の強アルカリ性単純温泉、それから単純硫黄泉の3つがありこれらが混ざり合ったことで原鶴温泉の泉質の特徴になっているのです。
アルカリのお湯は肌の角質を落としてくれることで知られており、毛穴の黒ずみなど皮脂を綺麗にしてくれます。くすみが改善されるために美肌になると言われているのです。さらに硫黄泉は新陳代謝を高める効能があり、体の芯から体温を上げてくれるので冷え性にも有効です。保湿効果に優れお湯から上がっても、お肌を瑞々しく保ってくれます。

原鶴温泉は年齢を問わず家族で楽しめる観光地です

家族旅行を楽しみたいもののそれぞれ世代が異なることもあり、家族全員が一緒に充実した時間が過ごせる観光地がないと悩んでいるかたも多いのではないでしょうか。移動の距離や時間を考慮せずに家族全員が楽しめる旅行を計画すると、移動に時間や労力や費用がかかり大変です。
移動が少なく家族全員が充実した時間を過ごせる旅行を計画する場合、宿泊費用がかかるばかりです。そんなときに便利な観光地が原鶴温泉で和の雰囲気が感じられる城下町の雰囲気のある地区や、子供に人気の滑り台などがある広く大きな温泉など幅広い世代が楽しむことができる施設があります。
原鶴温泉周辺には美術館や文化施設もあり、宿泊施設も充実しており温泉施設も日帰り温泉などもあり日帰りから長期を問わず利用できるのも大きなメリットです。
原鶴温泉は幅広い世代や目的別に堪能できる温泉施設が充実しており、周辺にも散策などゆっくりした時間が堪能できる風情ある環境や地域文化施設など、移動距離が少なく家族全員が楽しめる家族旅行に最適な場所ではないでしょうか。

アルカリ性が特徴となっている原鶴温泉のお湯

原鶴温泉の特徴としてあげられるのが、お湯がアルカリ性であることです。原鶴温泉の湯はpH8.5以上の弱アルカリ性単純泉で、お湯の中には硫黄も含まれています。弱アルカリのお湯には、他の種類の温泉にはない多くのメリットがありますが、その中でも女性にとってうれしいのが、美肌のために良いことです。
きれいな肌を作るために必要となるのは、皮膚の表面についている古い細胞を落とすことですが、人によっては古い細胞が落ちにくくなっていることがあります。肌の美しさに大きな影響を与えているのが角質層の存在で、角質層が古い状態のままだと肌全体がくすんだ印象になってしまいます。
このような場合に役立つのが原鶴温泉のお湯で、湯の中にじっくりとつかることで、古くなった角質層が落としやすくなります。皮膚の表面にたまっていた角質層がなくなることで、肌が若々しい印象になるのがメリットです。原鶴温泉のお湯の中に含まれている硫黄も肌を白くできる効果が期待できる成分です。

温泉に関する情報サイト

原鶴温泉